Adec'K

Advanced Design Center "K" 土木設計(道路・河川)、公共測量全般

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ビッグバンのアルニール 

 私が仕事で使ってるCADはAutoCADです。

 私の場合、関連性の有る図面は一つのファイルにして作業しています。

 100616-001.jpg

これ ↑ は縮尺の違う擁壁工の図面5枚を一つのファイルとしています。

個々の好みはあるんでしょうが、私の場合は作業効率上 このやり方が今のところ しっくり きています。

で、AutoCADは印刷がめんどいのでレイアウトから行うようにしています。

まあ このように ↓ 図面ごとにレイアウトを造ってる訳です。

 ・・この場合は図面5枚に対して5つのレイアウトを造りました。

100616-002.jpg

100616-003.jpg

このやり方の問題点は、相手がAutoCADでない場合とか、電子納品の場合受け取った方が困惑するって事でしょう。

・・・このレイアウト機能はAutoCAD独自のもので他のCADでは再現性「0」ですからね。

お客さんが 川田テクノのV-nasを使ってる場合はV-nasの機能で、このレイアウトを全て、或いは 選択して読み込むことが可能です。

       ・・・・某コンサルさんに教えていただきました。

お客さんのCADがV-nasと同様の機能を有さない場合でもAutodeskのsxfコンバータを使えば、それぞれのレイアウトを一枚づつの図面として書き出す事ができます。

ただねぇーー、外部参照してる場合だと この二つの方法では 参照元の図面コンバートがうまく出来ないようです。

V-nasの場合だと参照元のファイルが欠落しますし、Autodeskのsxfコンバータの場合だと

これが

100616-006.jpg

こんなふうになります

100616-007.jpg

えー これは、川田さんAutodeskさんへの言いがかりではないんですよ、コンバートって処だけの比較です。

  ・・・・もともと外部参照なんか使うなって事も云えますしね。

ただ、ここのままではお客さんに渡せませんね。

でね、今日お世話になっている○○○設計さんに教えていただいたのが

ビッグバン の アルニール っていうソフトです。

AutoCADのレイアウトを全て、或いは 選択して読み込み、それぞれdwgなりsfcなりに出力してくれます。

それも、外部参照だろうがイメージの添付だろうが お構いなしです、しかも変換効率もすこぶる良好で、オリジナルと比べて遜色無しでした。

    久々に感動しました。

 じゃー購入しろよ って?

 ○○○設計さん・・・今後も宜しくお願い致します。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 福知山情報へ



[ 2010/06/16 19:29 ] お仕事メモ 情報 | TB(0) | CM(3)
アルニールって以前のバージョンでは何故か読み込み時に強制的に縮尺がA3サイズになったように思えますが今は直ったんですかね…?

直すのがめんどかったので最近は触ってないのですがその仕様が直ってればまた見てみようかな…?
[ 2010/06/16 21:17 ] [ 編集 ]
あきらさん こんにちは。

自分で持ってるソフトじゃないもんで詳しいところは解りませんが、○○○設計さんで変換してもらったのは、レイアウト:A1がA1のdwgで帰ってきました。
[ 2010/06/17 11:25 ] [ 編集 ]
なるなる・・・改善はされてそうですね・・・
[ 2010/06/21 14:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
Lc.カテゴリー
検索(サイト内)
独り言
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

kiri

Author:kiri
京都府在住♂
このサイトはリンクフリーです

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
合わせて読みたい

あわせて読みたい



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。