Adec'K

Advanced Design Center "K" 土木設計(道路・河川)、公共測量全般

ちょっとした疑問-標準設計 

 先程 先輩のA氏が遊び?に来られての事です。

 

近畿地方整備局企画部監修による「設計便覧(案)-H16.4」というものがありまして。

 その便覧の 道路編 第3章 擁壁p3-20に

  --(抜粋)---

  2.重力式擁壁

 建設省制定の小型重力式擁壁および重力式擁壁は、裏込土が砂質土(C2)で盛土勾配が1:1.5及び小型重力式擁壁のH=2.5m,3.0mについて収録されていないので、小型重力式擁壁(H=0.5~3.0m)、重力式擁壁(1.0~5.0m)については「近畿地方建設局標準設計図集」による。

  --(以上)---

 

 という記述があります。

 

 で、その中の「近畿地方建設局標準設計図集」は、H17.2に「近畿地方整備局土木工事標準設計図集」に改訂され、以前の図集から”擁壁”関連の図集が削除されているのです。

 

 私は、削除されているので設計便覧(案)に該当する擁壁を設計するときには”安定計算”を行うものだ と信じて疑わなかったのですが、

 

 A氏曰く

 「改訂されたんじゃあーなくって、”擁壁”の部分は旧図集がそのまま生きていて変更された処のみ”が新しく図集として造られたんじゃーないのか?」

 「だから・・わざとに”「近畿地方建設局標準設計図集」による”と記述してあるんじゃーない?」 

 

 設計便覧(案)がH16.4発行で、近畿地方整備局土木工事標準設計図集がH17.2発行です。

 設計便覧(案)の当該箇所がH17.2以降に変更されていなければ、A氏の考えが正しい事となります。

 

 で、検索してみました。  → 近畿建設協会(=発行元) 

                    平成16年度版 設計便覧(案)正誤表 H18.4.1

 

 結果、上記の記述の訂正はありませんでした。

 

 ただ、近畿地方整備局土木工事標準設計図集には以下の記述があります。

”なおこの図集は平成17年2月1日から運用し、近畿地方建設局土木工事標準設計図集を制定する通達(昭和50年建近達第10号(技))は廃止します。”

 

  これだと、現行の標準図集のみが生きていることになります。

 

近畿地方整備局管内で お仕事 されてる方々 どう思われます??

 



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
Lc.カテゴリー
検索(サイト内)
独り言
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

kiri

Author:kiri
京都府在住♂
このサイトはリンクフリーです

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
合わせて読みたい

あわせて読みたい