Adec'K

Advanced Design Center "K" 土木設計(道路・河川)、公共測量全般

AutoCAD sxf対策(大袈裟!) 

 AutoCADからsxfシリーズに変換したい!  という場合

AutoCADアドオンのコンバーター又は別売のコンバーターを使用します。

このソフトは”モデル”からも、”レイアウト”からもsxfシリーズにコンバートできます。

 

私の”お奨め”は「レイアウト”からのコンバートです。

  sfxは紙ベースの大きさが基本となっていますので”レイアウト”を、例えば「A1:841*594」に設定しておけば良いだけです。

縮尺はどうするのか?  

  モデルでは、原則”1:1”で描画してますからレイアウトでのビューポート枠に尺度を与えるだけでOKのはずです。

   ・・・・細々としたテクニックはあろうかとおもいますが紙面の都合上・・・この程度でご勘弁下さい。

 

とりあえず”レイアウト”からコンバートするメリットは

  このように ↓ 

080209-01.jpg

グジャっと??  つくられたDWGファイルでも

  ・・もちろん!!この状態でも正しくプリントアウトはできます。

レイアウトを利用すれば”A1で4枚”のsfxファイルを容易く作成できます。

 

・・・・話が長くなりそうなので  こちら ↓ へ進んで下さい

 

続き

コンバート用のレイアウトタブを作ります

080209-02.jpg

その中身は

080209-03.jpg

 プリンタ:DWF6 ePlot

 用紙:縁ナシフルブリードシリーズ

         もちろん”任意”の大きさも作れます

 印刷尺度:1:1、ミリメートル

 印刷領域:レイアウト

 印刷オフセット:X=Y=0(基準は用紙のエッジ)

です。使い回しを想定するなれば、あくまでも”印刷尺度:1:1”とした方が良いと思います。

 

次に、ビューポートの設定をします

080209-04.jpg

青色のグリップでかこまれているのがビューポートです。

この図面は出力尺度を1:20として作られていますので

ビューポートの尺度も1:20とします

080209-05.jpg

 

次に図郭の左下をレイアウトの原点に整合させます。

080209-06.jpg

 モードは”ぺーパー”

  ビューポートを選択

  移動基点:図郭の左下

  目的点:0、0

080209-07.jpg

 

で、出来上がりです。

080209-08.jpg

 

あとは、枚数分レイアウトをコピーして・・・です。

文書で表現すると”めんどい”印象があるやもしれませんが、実際の作業は至極”単純です!

 

尚かつ、レイアウトを使うメリットはこんなところにもあります

         ↓(拙作記事より)

   レイアウト→現在のビューポートでフリーズ

     コンバートしたくないレイヤーを”ビューポート毎”にフリーズできるので非コンバートレイヤーを削除しなくても良い

 

・・・尻切れ状態ですが・・・このへんで。

  

 

 



[ 2008/02/09 20:34 ] CAD AutoCADメモ | TB(0) | CM(2)
きちんと回答していただきありがとうございます。
実際にコンサルさんがどのようにされているか、分からなかった為、ボロろ出さないように方法は書かなかったので(笑)

ビューポートでカスタム尺度を決めることは私はしていませんでした。(勉強になりました)
私は発の図面を修正が多く、いろんな設定がされているデータが来て、とりあえずグローバル尺度など1に戻して使っていることもあります。
ACADって使えるまでの道のりが長い気がします(笑)
[ 2008/02/09 23:16 ] [ 編集 ]
もぐらさん 今晩は!!
コメントありがとうございます。
ちょっち村用でバトル(新役員選出+宴会)してて、失礼しました。
もぐらさんのおかげで1通の投稿が出来たような事です。

 実際、”やる” のは簡単なんですけど、説明って難しいもんですネー。

 本文との脈絡”0”ですが・・・
 現在 思いっきり 雪が降ってます。

では・・・・

[ 2008/02/12 21:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
Lc.カテゴリー
検索(サイト内)
独り言
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

kiri

Author:kiri
京都府在住♂
このサイトはリンクフリーです

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
合わせて読みたい

あわせて読みたい