Adec'K

Advanced Design Center "K" 土木設計(道路・河川)、公共測量全般

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

施工業者に渡されている図面 

 今日、知り合いの施工業者のNさんから座標の算出を頼まれました。

 橋脚の工事で、支持杭と締切矢板の設置位置の座標がほしい との依頼です。

 

 図面を開くと”真っ白”。これでは何が構造物かわからん!と、レイヤーごとに”色分け”しました。

 色分けして解ったことは、このデータは”とりあえず、CAD製図基準に謳ってあるレイヤーに詰め込んだ”代物だということです。

 

 作業のやりにくい事 この上なし (怒!!

   ex.

    計画線が見にくいので地形を非表示した

        → 一部(ランダム的に)計画線も非表示になった。

    旗挙線を非表示にした

        → 中心線も非表示になった

               etc

 

 未だに こんな図面があるんだ (怒!!

 こんな図面を渡されたら施工業者って、「たまらんーーー 」でしょうネ。

      コンサルは何やっとんじゃい! (`□´) !

 

 ライフサイクルって死語?

 

 納品検査って何やってるんだろう?

       あっ 京○府か。

 

 CADチェックってザル?

 

 キタノミナトさんの 夜まで生討論会 に出てた 「取り合えず、チェックP通ればいい」っていうワード 生きてるんだナーと思いました。

 

○ 全てのコンサルがこんなデータ出してるとは思わないですが

  「予算付けてくれてないから”通りゃいいじゃん” 」

  「ライフサイクル?」

  「予算計上しないんだったら”発”がやるべきじゃん!(怒 」

   ってな 事でしょうか?

 

○前向きな”発”の職員も沢山いらっしゃるんでしょうが

    ・・・・・京○府には おらん とおもう。

             ↑      

   通りすがりの 某行政関係者 様 にお叱りを受けるかも。

 

  「解らんしー。CADチェッカー様がよけりゃいいのさ」

  「予算って(怒!。」

  「お前ら(業者)はCALSで楽になってるんやぞ!」

  「入札かて、ネットでできるやん!」

 

 等々 筋違いの お考えを持った方々も沢山いらっしゃる事でしょう。

 

 本来の目的を失い、労力ばかりが増えてるような馬鹿げたシステムなら止めれば?

 と、今日の図面を見て思いました。

            にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

 



お怒りの投稿ですね。
先日現場の図面もこのようになっていました。
白黒印刷するのにとりあえず真っ白に。
ここまでなら良いのですが、この状態でJW_CADで使用。
すると1つのレイヤ内に太い線と細い線で分けてあったものがすべて同じ線幅になりました。
このときは橋の配筋図でしたので修正が大事でした。

みんなの技術の底上げが無い限り、このシステムは死んでいきますね。


[ 2007/10/28 22:24 ] [ 編集 ]
もぐらさん こんばんはー。
図面(データ)を
 渡す立場  渡される立場
って役所の人以外は 両方経験するんでしょうね。

データの利活の重要性を

解っていても 出来ない? しない?

ちょっくら難しくなってきました。
[ 2007/10/28 22:43 ] [ 編集 ]
右から左へと受け流された図面ですね。

D(印刷の体裁だけ確保)→発(ノーチェック、というかできない)→C(汗)
本来、検査すべき発が「右から左へと受け流す」だけ
だから、上流側で作成された汚濁図面が下流側で処理(浄化)しなければならない状況下

S→D→C→Mの責任主体って?何の責任なんでしょう?
[ 2007/10/29 08:49 ] [ 編集 ]
おはようございます。
>上流側で作成された汚濁図面が下流側で処理(浄化)しなければならない状況下・・

上流側(D)として責任を感じています。

>S→D→C→Mの責任主体って?何の責任なんでしょう?

自分の持ち場をきちっとすれば良いだけやと思うのですが。
[ 2007/10/29 10:07 ] [ 編集 ]
えーはなしや!

この現実を聞かせてやりたいですね(だれによ(笑))
[ 2007/10/30 13:18 ] [ 編集 ]
どぼんさん こんばんはー。

ちょっち 私的 愚痴
ボキャ不足の私なんで、うまく言い表せれませんけど。

私を含め
日本の気質といいますか・・
システムってゆうう”やつ”を使えないですねー。

ISO、古いところでは GIS
ISOはともかく(コンサル業界ではISO9000程度のことは”当然の事”としているでしょう)として、個人的にはGISを個人レベルで利活したい、利活できるはず!と思っているのですが、データを握っているのが”公”ですからネーー。

CALSだけ 取り上げる、っていうのが間違いかな と思ったりもします。

最終的にエンドユーザーである市民が活用できる事が公共資産であるべきじゃないのかなー と 思うと、目で見て解りやすいGISを真剣に考えるべきだと思うのです。

 だから、ベースとして地図があり その中に 公共事業の詳細データを格納し・・・ってな具合に、時にはマクロ的、時にはミクロ記的に物事を見て知恵を出し合い良い投資ができるシステムが必要なんじゃないかと。

 ここで立ちはだかるのが 公務員気質 なんでしょうネ。

 縦割り社会。火の粉は大嫌い。

 なんとかしてよ福田さん。


 時間も時間なもので支離滅裂になっちゃいました。
[ 2007/10/30 23:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
Lc.カテゴリー
検索(サイト内)
独り言
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

kiri

Author:kiri
京都府在住♂
このサイトはリンクフリーです

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
合わせて読みたい

あわせて読みたい



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。