Adec'K

Advanced Design Center "K" 土木設計(道路・河川)、公共測量全般

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

恐ろしい図面じゃー2 

 先日「恐ろしい図面じゃー」で紹介させて戴きました、1レイヤー&1色=ALLオブジェクトの平面図。

 測点間隔を計ってみますと、10cm~50cm程度ずれていました。それも”比例的”ではなく各測点間毎にランダムにずれています

 今後の使用形態(見るだけetc)によっては、このままでも良いのですが、この平面図をベースとして「部分的に測量した平面データ」とか「竣工済み部分の出来形データ」なりを合成しさらに、計画の修正を行っていく。さらには、工事完了後の完成図面を造って行かなくてはならない場合、”エエカゲンなベース図面”ではライフサイクルの最後まで苦労が絶えないでしょう。

 

 この平面図のルーツは、第2原図もしくは青焼図をスキャンしベクター化したものだと思われます。

 当然、第2原図もしくは青焼図の時点で図面は「延びている」訳ですしそれをスキャンしているのですから当然ここでも「延び」が生じます。

 「延び」の修正方法は色々と有る訳で、完全にひずみを除去することは難しい事でしょうが「補正」をするべきです。

 

 当然ここで「経費」のはなしが持ち上がり「受・発」間で協議がおこなわれ、(発)「金がないからそのままでエエよ(・・工事の頃にはオレいてないし・・)」  (受)「・・・(やりたいけど・・金無しじゃ・・)わかりました・」ってな感じでしょうか?

 「予算が無い」と宣言されると「受」はどうしようも無くなります。

 どうか「発」さん、目先にとらわれず将来を見越した考えを持ってください。

 

 と言うことで、仕方なく補正をすることにしました。(事業の後半になるほど「ツケ」が大きくなるようです)

 只、完全に歪みを取ることは出来ないと思います。

 



こんばんは、はじめまして。以前からここは覗かせていただいておりました。
私は四国は松山で土木設計をしている自営業です。
といっても最近は本業以外の何でも屋状態ですが・・・

伸縮補正ですか・・・私はRVを利用しております。
まぁ青焼きからのベクトル化はゴミ取りや傾き補正等ややこしいですよね。
うちのRVは旧式ですからラスベク変換時はラスタ状態でとことん編集をしていないととんでもない結果になっちゃいます。

ところでうちのブログに勝手にここのリンクを貼りますので不都合な場合はご連絡ください。

では失礼いたします。
[ 2007/06/26 22:45 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
リンクもありがとうございます。雑ログ状態のブログですが・・。

ところで、私も「かさやん」さんのブログを拝見したいのですが、よろしければURLを教えていただけないでしょうか?
[ 2007/06/27 08:22 ] [ 編集 ]
おはようございます。了解しました。

うちは雑ログどころか本業ネタは全くありません(笑)
[ 2007/06/27 08:44 ] [ 編集 ]
おおおーーー

まっ黄、きー じゃないですかーー。
[ 2007/06/27 09:27 ] [ 編集 ]
はいな♪黄色と黒は勇気の印でござる(^0^)
ちょっと胃に穴が開くこともしばしば・・・(笑)
[ 2007/06/27 09:41 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/06/27 09:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
Lc.カテゴリー
検索(サイト内)
独り言
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

kiri

Author:kiri
京都府在住♂
このサイトはリンクフリーです

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
合わせて読みたい

あわせて読みたい



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。