Adec'K

Advanced Design Center "K" 土木設計(道路・河川)、公共測量全般

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

CAD製図基準の必要性 

CAD製図基準は必要なのか?

 私としては、必要と考る。

 現時点の基準が完全のものである。と言うわけではないが、「無い」より「有る」ほうが作業効率は高められるはずである。
 特に、レイヤーの統一は作業効率を高める最低限の”お約束”であろう。
 各の組織において、製図基準を定め、作業効率を高めていたとしても、他業者のCADデータを用いて作業する場合、当然ながら「違う基準」で作成されているわけであるから(これが現状)、”我が社”のレイヤに変更するか、若しくは使い慣れない「他業者」のレイヤで作業を行うことになる。

 現状の弊害としては(異基準に対して)
  出力時の線幅、着色の設定に無駄な時間をとられる。
  「プロットスタイルを貰えば良いじゃないか」という意見も
  あろうが、これからの計画に必要のないレイヤ等々により、
  やはり、新たなプロットスタイルが必要になる。

  或いは、既計画全てを「細線にしたい」とか「作業のうえで
  画面の表示色を変えたい」ということも出てくるであろう。
「他業者」のレイヤの場合”どこに””何が有るのか”解ら
  ないので学習時間が必要となってくる。


 こういった場合、全国的に統一された基準があれば、且つ有効性を考慮し活用できていれば、作業の効率化が進むはずである。

 こういった「基準類(ISOも含み)」に対し、何かとネガティブになり、「・・・をやらされている・・」的発想をする方々が多いと感じられる。

 しかしながら、こういったものは性急に結果を求めずに、前向きに取り組んで行くことにより「効果」が得られるものだと思う。
adeckとしては平成14年からCAD製図基準により作業をすすめており、尚かつ元請けさんにも啓発を行っている。

結果として、データのやりとりはずいぶんと楽になってきた。

今日は。
わざわざの訪問、痛み入ります。(使い方おかしい?
本日設置したばかりで内容もデザインもまとまりの無い所で
見苦しいかと思いますが少しずつ勉強したいと思っております。

取引先の仲良くして頂いている方にヘルプよろしく質問されるので
ブログにして自立してもらう為に作成したところです。

私自身、某mura's home(隠せてない)とヘルプだけで勉強した
自己流全開の人間です。
これからは勉強がてら邪魔しない程度にお邪魔します(関西人丸出し
宜しくお願い致します。
[ 2005/10/18 16:57 ] [ 編集 ]
>取引先の仲良くして頂いている方にヘルプよろしく質問され>るので
>ブログにして自立してもらう為に作成したところです。
>私自身、某mura's home(隠せてない)とヘルプだけで勉強した自己流全開の人間です。

v-16ほとんど同一種族ですネ
[ 2005/10/18 18:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
Lc.カテゴリー
検索(サイト内)
独り言
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

kiri

Author:kiri
京都府在住♂
このサイトはリンクフリーです

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
合わせて読みたい

あわせて読みたい



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。