FC2ブログ

Adec'K

Advanced Design Center "K" 土木設計(道路・河川)、公共測量全般

成分解析??? 

ペット1号の部屋でこんなものを見つけました。

成分分析






私の解析結果↓
Adec'K(屋号)の場合
  Adec'Kの44%は花崗岩で出来ています
 Adec'Kの40%は保存料で出来ています
 Adec'Kの9%は気の迷いで出来ています
 Adec'Kの4%はミスリルで出来ています
 Adec'Kの3%は理論で出来ています

エイデック(屋号)の場合
 エイデックの52%は覚悟で出来ています
 エイデックの43%は白い何かで出来ています
 エイデックの3%はミスリルで出来ています
 エイデックの2%はお菓子で出来ています

adeck(HN)の場合
 adeckの93%は汗と涙(化 合物)で出来ています
 adeckの3%は利益で出来ています
 adeckの2%はお菓子で出来ています
 adeckの2%は心の壁で出来ています

本名(漢字)の場合
 葡ーの63%は食塩で出来ています
 葡ーの16%はカテキンで出来ています
 葡ーの9%はミスリルで出来ています
 葡ーの7%は成功の鍵で出来ています
 葡ーの5%はお菓子で出来ています

本名(カタカナ)の場合
 ブーの99%は元気玉で出来ています
 ブーの1%は黒インクで出来ています

本名(ひらがな)の場合
 ぶーの55%は汗と涙(化 合物)で出来ています
 ぶーの32%は果物で出来ています
 ぶーの7%は言葉で出来ています
 ぶーの4%は成功の鍵で出来ています
 ぶーの2%は濃硫酸で出来ています

本名(ローマ字)の場合
 BU-の51%は蛇の抜け殻で出来ています
 BU-の33%は保存料で出来ています
 BU-の7%はマイナスイオンで出来ています
 BU-の7%はミスリルで出来ています
 BU-の2%は成功の鍵で出来ています

    くどいっ!!ってか?

「ミスリル」
 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
ミスリル(Mithril)は、J・R・R・トールキンの小説『指輪物語』及び『シルマリルの物語』の世界に出てくる架空の金属である。

シンダール語で、mithは灰色を、rilは、輝きを意味する。すなわち「灰色の輝き」である。硬度は鉄より勝り、銀色の輝きを持つ金属とされ、「まことの銀」とも呼ばれる。

『指輪物語』の影響を受けて後に出てきたファンタジー小説やRPGなどでも良く使われている。例えば、人気RPGのファイナルファンタジーシリーズでは、剣や鎧、籠手、ピアス、果てはベルトなどの素材としてミスリルが多用されている。

現実世界でミスリルの元になった金属として、一説にはある錬金術師が精錬したアルミニウムが挙げられている。 当時、電気も無いようなその時代にアルミニウムを精錬する事は、まさしく奇跡と呼ばれるにふさわしいものだった。 そうして作られたその銀色の金属は軽く、そして錆びる事が無かった事から、錬金術師の間で「魔法の銀」と呼ばれるに至ったのである。

「カテキン」
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
カテキン(catechin)は、狭義には化学式C5H10O3で表されるフラボノールをさす。分子量は118。IUPAC名は3-ヒドロキシフラバノン。広義にはそれを骨格とする誘導体を指し、この意味の用法がほとんどである。広義のカテキンの例としてエピガロカテキンガレートがあり、これは緑茶の渋味のもととなる成分の一つで、ポリフェノールの一種。殺菌作用、虫歯予防、肥満抑制効果があることが知られている。

ガンビールとも呼ばれるインド産のマメ科植物カテキューの水抽出物に多量に含まれる。発見者のエーゼルベックが茶成分の「カテキュー」から供出したものということで「カテキン」と名づけた。

カテキンの効果をわかりやすく説明するために、「菌に勝つ」→「勝て菌」という説明をしたことから、「カテキンは勝て菌から名付けられた」という誤解がある。





コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
Lc.カテゴリー
検索(サイト内)
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

kiri

Author:kiri
京都府在住♂
このサイトはリンクフリーです

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
合わせて読みたい

あわせて読みたい