Adec'K

Advanced Design Center "K" 土木設計(道路・河川)、公共測量全般

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

メモ:エクセル-文字列式の計算 

メモです。
 
エクセルにあって欲しい関数・・ってか、何故無いの?
 
例えば、セルA1に「1+1」と入力してセルB1にその答えを表示させたい。
さらに、セルA1の式を変更したらセルB1の答えも変更されている。
 
・・と云う関数ってメッチャ欲しいし、エクセル様に その程度の関数が無い!って云うのが信じられないですよねぇ。
・・・ワタチだけ?
 
で、日々の業務はどうしているかと云うとフリーの文字列計算関数(アドイン、マクロ)のお世話になっています。
  → TEXTCALC とか Calc 

ただねぇ・・時代に逆行したがる行政様は、これらが作るマクロモジュールを嫌がられる傾向にあります。
 
それで、色々ネット検索してみるとマクロモジュールを作らずに同じようなことが出来る方法がありましたので紹介したいと思います。
 
 ・・使い勝手としては、前述のTEXTCALC,Calcと比べるとかなり見劣りはしますね(・∀・)

-----
使うのはマクロ関数EVALUATEと名前の定義
EVALUATEは、「渡された文字列を計算すべき処理なのだと認識する」ものらしいどぇす。
・・詳しい事は分かりません(゚∀゚)

「名前の定義」でEVALUATEが参照する範囲を決めて計算させるようです・・
 
下図ではセルE3でセルD3の文字式を参照して答えを返しています。
170626-001.jpg 
 
では、作ってみましょう

名前の定義で「EVALUATE」が参照する範囲を決めます。
170626-002.jpg 
 
CALL1って名前にしました
 一つ左隣りを参照って感じ(笑)
170626-003.jpg 
 
範囲は「ブック」よりも「シート」の方が汎用性があるようです。
 
セルB2にポインタを置いて左隣のA2を参照します(相対参照) 
「=EVALUATE(Sheet1!A2」
170626-004.jpg 
 

セルB2にセルA2の答えが返ってきました(^o^)
 相対参照にしているので、だらーーっと下方向にドラッグするとB列にそれぞれの答えが返っています。
170626-005.jpg 
 
式は、こんな感じ
170626-006.jpg 
 
・・CALL1ばかりで本当にそれぞれ参照しているの??
って不安に駆られましたので中身をみてみました。
170626-007.jpg 
 
OKです、それぞれ ちゃんと左隣を参照していました(^o^)
 
あとは、roundで丸め処理を行えば計算書として使えそうですね。
---
まだまだ使ってみたばかりなので分からないところがワンサカありますが、やっぱ・・エクセルに この関数があったほうが良いですねぇ(゚∀゚)
 
・・この声はマイクロソフトに届きますやろか?
 

参考までに・・ネットでググったページはこちらです
       ↓
        OfficeTANAKA
 
ありがとうございます。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 福知山情報へ



[ 2017/06/23 18:04 ] Excel他 Excelメモ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
Lc.カテゴリー
検索(サイト内)
独り言
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

kiri

Author:kiri
京都府在住♂
このサイトはリンクフリーです

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
合わせて読みたい

あわせて読みたい



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。