Adec'K

Advanced Design Center "K" 土木設計(道路・河川)、公共測量全般

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

三十数年ぶりの歯科 

今日は一大決心の末、三十数年ぶりに歯科医院に行きました。

原因は、たしか二週間ほど前だったと思うのだが、晩飯に何かしら硬いものを噛み砕いた…つもりが、左下奥歯に痛みがはしり固形物が剥がれました。

私的に、歯には非常に恵まれた半生だったと思います。
記憶では中学生の半ば以降歯科医院に行った事が無いのでございます。
これはメチャメチャ幸せなことではありませんか?

私の記憶では歯科医院って処は、超ぉー児童虐待施設であります。

私は、小・中学生の頃C1程度(記号には自信無し)の軽い虫歯で、このような施設に通った事がありますが、待合室に居るときは、絶え間無く治療室から泣き叫ぶ声がしていましたし、キュィーンとかって神経をサカナデルような音と、変な物が焦げ付いてるような匂いが立ち籠めていたようです。

ですから、中学生半ば以降三十数年このような施設の御世話にならずに過ごせたのはハッピーな人生と云えるでしょう。

要するに私は歯科医院なる恐怖館など、一生行きたくなかったって事なんですよ。

ですから、奥歯から固形物が剥がれた事も現実視せずに放置していました。
でも、ダメですねぇ…痛みだしましてね、このまま放置すればヤバイかなぁーって三日悩み、今朝決断した次第でございます。

事務所の輩に「良い歯科医院紹介してよ…」云々の質問をし、さらに「怖く無かった?」って、過去の自分の体験を話してみました。
…「怖くも痛くも無いよ…そんな時代があったの?」って軽ぅーい返答でございましたねぇ。

取り敢えず事務所付近の歯科医院を予約。

16:15怖々 受付を済ますと、アンケートを求められ一般的な質問に答え、最終欄に「相談したい事」ってあったので、ここぞとばかり「とにかく怖いんですぅー」って記入。
…これで、ちょいとは考えてくれるだろう。って目論みです。

落ち着いて周囲を観察してみると、夏休みだってのに怯えて泣き出しそうな小学生は皆無で、皆さん大人しく漫画本に夢中のようでした。
室内も綺麗ですし、落ち着いたバックミュージックも流れていましたし、良く見れば受付の方も看護師の方も、若く魅力的な御嬢様ですやん。(^.^)

まぁ、だからと言ってトラウマ的恐怖心が取り除かれる訳でもなく、待ってる間は「どんな目に合わされるんやろ」ってドキドキしていましたし、治療中も先生が何かしらを手に取る都度、緊張感はMAXでございまして、おそらく明日は、緊張による筋肉痛に見舞われるかもしれません(笑)

そんなこんなでしたが無事終了、「詰物が剥がれた」って思っていたのですが、実は虫歯だったようです。
どんな時もですが、「もっと早く来れば良かったなぁ」…ですね(笑)

次回は8/1でございます。
もう大丈夫。平常心で通院できるでしょう(^_^)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 福知山情報へ

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
Lc.カテゴリー
検索(サイト内)
独り言
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

kiri

Author:kiri
京都府在住♂
このサイトはリンクフリーです

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
合わせて読みたい

あわせて読みたい



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。