FC2ブログ

Adec'K

Advanced Design Center "K" 土木設計(道路・河川)、公共測量全般
月別アーカイブ  [ 2006年03月 ] 

野良猫救出作戦 

 午後3時ごろ
 仕事をしていますと、ネコの鳴き声がしてきました。
 それも、とぎれる事無く。
 気になって、部屋の外、押し入れの中など鳴き声のしていそうな所を探してみましたがネコの姿は見あたりません。
 しかし、継続的にネコの鳴き声はしています。
 下駄箱の中も探してみましたが、いてません。
 私の両親もネコの鳴き声が気になってか、そこら当たりを探しているようです。
 ちなみに、床下への侵入は基礎の空気孔にスリットを仕込んでいますので、容易では有りません。っていうか人間的判断では「ネコ程度の大きさの物体では不可能」です。
 ネコの鳴き声は止まず、時には"切なく"響いてきまして、「仕事」どころではありません。
 そこで、「息子」の登場です。
 自慢の「鼻と耳」に物を言わせて、未だ見えぬ「鳴き声」の主の捜索任務に就かせました。
 しかしながら、我々「人類」と同じ箇所で行き詰まり(彼も「床下らしい!!」と思ったのでしょうが「床下」へは行けず・・)あっけなく「お払い箱」となりました。(「じじばば」曰く「役立たず!!」)
 取り合えず、「目標物」は「床下にあり!!」と、畳をあげ、床板をはがし、床下に潜り込んでみますと古いコードに絡まり身動きのとれないネコを発見。
 めでたく「無事救出」となりました。
 しかし尋問の結果、残念ながら「どこから入ったのか?」は判明しておりません。
 
 この救出活動は、「ばば」がほぼ一人で行いまして、現場に居合わせた「じじ」と「私」は、活動状況の記録という、およそ想像もつかないような重要任務を遂行しておりました。

 で、彼?彼女?は「竹輪」を戴いたあと我が家を去っていきました。

       活動写真 ↓
Lc.カテゴリー
検索(サイト内)
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

kiri

Author:kiri
京都府在住♂
このサイトはリンクフリーです

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
合わせて読みたい

あわせて読みたい