Adec'K

Advanced Design Center "K" 土木設計(道路・河川)、公共測量全般

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

みんなの電子納品 

 3/19に「みんなの電子納品」というサイトがオープンしたようです。

 主催は、株式会社デバイスワークス。

 

 ↓ 5/29のデバイスワークスの代表様からのコメント投稿です。

-------------------------------------------------

・・・・・・・

はじめまして、デバイスワークスの加賀屋と申します。
2009年3月19日より、弊社の企画・運営・管理の下、電子納品ポータルサイト「みんなの電子納品」(http://m-cals.jp)をオープンいたしました。
本サイトは、オープンして間もない状況ですので、電子納品に精通されておられます皆様方には、当サイトのご紹介をさせていただきますとともに、ぜひ内容をご覧いただきまして、サービスの内容についてご意見をくださいましたら大変ありがたく存じます。よろしくおねがいいたします。

・・・・・・・・

-------------------------------------------------

 

で、ちょっと拝見してきました。(あくまでも ちょっと  でございます)

なにぶん、私は このコメントにあるような 電子納品精通してる人間ではありませんので、以後の文章はかるーーく読み流していただきたいものではあります。

 

サイトは6つのカテゴリーに分かれています。

1.ジョブマッチング:仕事の依頼・請負

2.教えて電子納品:読者参加型QA掲示板?

3.セミナー・試験対策

4.ソフトウェア情報

5.電子納品基準解説

6.最新情報

 まだ始まったばかりのサイトですから、徐々に各カテゴリーも充実したものになっていくと思います。

 

 私的には、カテゴリー2のQAが、画一的なものにならないようにしていただきたいと思っています。

 って言うのは、電子納品に対しての悩みっていうのは、初心者(私を含めて)、ベテラン・・それぞれで違うものではありますが、一番やっかいなのは発注者の考え方とレベルだと思っています。

 現在一番のよりどころは「CALS/EC Q&A」かなって思うんですけど、この”Q&A”検索機能も付いていて「線種」とかのキーワードでAを拾い出すことが出来るようになっていて「良い」システムなんですが・・

 同じ質問でも、”質問”の時期が違うと”答え”が違ってたりするケースもあったり、・・まぁー お役所の回答文なんで、かゆい処には手を伸ばさず「受発注間で協議してください」のくだりが非常に多いのも事実です。

 受発注間の協議っていうのは、当たり前の事なんですけど、発注者のレベルと取り組み方に問題がありますんで”協議”にならないのが現状のような気がします。

   ・・・・・これは、あくまでも 私 の近辺の事でございます。

 ですから、この「教えて電子納品」にスタッフの方々も参加できるのであれば、CALSE/EC Q&A」の回答文なりを交えて意見の交換が出来るようなものになったり、このカテゴリーで或る程度の意見集約(基準に対する疑問、地方自治体のレベルの低さ、やる気の無さetc)が可能なれば、親玉(国)に発言できたり してもいいかなぁーーって。

 

 6の最新情報については、CAD製図基準(案)について H16版とH20版の違いなど 基準の版が変更になったときには、その相違点なんかの発表があるとウレシイですネ。

 

・・・・・いつもながら、だらだら文になってしまいました(泣!

 

デバイスワークスの皆さん頑張って電子納品を盛り上げていってくださいませ。

 

 

スポンサーサイト

電子納品事情:京○府-09.03- 

 騒々しい年度末も過ぎ去り? ゆったりとした日々が訪れたこの頃でしょうか?

 私のところも若干の余裕が出来ましたので、携わった業務(電子納品に関して)のリサーチをしてみました。

 電子納品に関して”神経質”にならざるを得ないのは京○府のみです。

 

 京○府の電子納品のシステムは、○田○ク○のチェッカーを使用しています。

      ・・・・・なんで?民間のシステムを使うの?・・はひとまずおいといて・・。

 

 このチェッカーも年々改良されていて、「1レイヤー 1線種」っていう 馬鹿なチェック項目その他 を外せるようになっています。

 しかしながら、出先の土木事務所全てに 最新版のチェッカー が配布されているにも拘わらず、出先の担当がずぼらでインストールされていない処もあるようです。

っていうか、かなりあるようです。

 且つ、検査官に やる気の 有る人、無い人が混在しているようです。(職員の教育が甚だ不十分なんでしょうネ)

 

 こういった結果、或る土木事務所ではOKだったものが、こちらの土木事務所ではNG なんてことになっているようです。

 

 事前協議でも、

 「作業上、こういったレイヤーを追加したい(もちろん命名規則は守ってのことデス)」

 とか

 「線種、線幅は こんなふうにしたい」

 っていう 前向きな発言をしようものなら、

 「エラーのでないデータを持ってこい

 でおしまい。

 っていう 馬鹿が多いようです。

 

 コンサル側も長年の不況で疲弊していて、

 「まあー しゃーないか・・怒らすんもイヤだし いうとうりにしとこ・・」

 ・・コンサルもプライドをなくしてますネ。

 

エラーのでないデータ」なんて簡単に造れますよね、極端な話”D-TTL"のみに全てのオブジェクトを放り込んでしまってもOKです。

さらに恐ろしいのは、こんなデータでも、”エラー無し”なもんで、馬鹿担当官は満足して受け取るっていう事でしょう。

・・・・真面目にやってるコンサルが馬鹿をみる のが現状のようです。

 

・・こんな感じで、京○府の電子納品事情は平成20年度も相変わらず荒んでいたようです。

 

追記

 ちなみに、「エクセルでマクロを使うな」っていう馬鹿もいるようです。

 マクロ=ウイルス って思ってんでしょうか?

 且つ、電子納品って ウイルスチェック掛けてるのにネ。

 

 本当に京○府って「技術提案はどんどんしろ!」なんてえらそーな事云ってるけど、上記の協議にしろマクロにしろ、技術向上提案を聞かないばかりか潰そうとしてるんじゃないのかな?

 

 発注側、受注側は対等な立場・・・こんなこと思ってる役人は一人もいないでしょうが・・・・

 対等っていうなら 発注側の担当の評価をやらせろよ!! って云いたいですね。

 

 府民の一人としては、京○府の建設事情が 京○府の馬鹿担当とプライドの折れたコンサルだけになって、荒む一方になってしまうんじゃないかと心配です。

 

電子納品-レイヤー名-責任主体 

 レイヤー名について、こんな相談を受けました。

 

「平面図において、現況地形が S-BGD に格納してある。」

「僕(相談者)は、これで良いと考えるんだけど、君(私)はどう思う?」

「と いうのは、元請けさんが

   『これはおかしい! 我々は 「D」で作業してるんだから

           D-BGD にしなさい』 みたいな事言ってるんだ・・」

------------------------------------------------------------

 この状況は、計画平面図に対しての現況地形のレイヤーをどうするか?の問答でしょうネ。

 現況平面図は「測量」という責任主体が作成したものであるから”測量成果”としての”平面図”であれば 現況地形がS-BGD である。

 と言うことは元請けさんも了承だと思います。

 

 ただ、その現況図を利用して設計しているのが「設計」という責任主体だから S-BGD を D-BGD に変更しなくてはいけない と 変な勘違いをされているようです。

 

 「CAD製図基準(案)H16」にこんな記述があります。

     P12 2-3-3 レイヤ名(抜粋)

 レイヤ名の責任主体とは、各フェーズでの全体的責任を持つ組織(発注者の場合は管轄部署等)を指す。測量(S)、設計(D)、施工(C)、維持管理(M)として全体的責任権限を持つ組織(発注者)を指すこととする。

 また、責任主体は、該当するレイヤを修正したときのみ変更し、該当するレイヤを変更しない場合は、変更しないこととする。

 

 ですから、今回の場合は S-BGD のままで良い っていうか D-BGD に変更してはいけない という事になります。

 

 ただ、現況地形図の一部を抜き出して、一般図なんかに利用するときは D-BGD って言うことになるんでしょうネ。

 

CAD製図基準(案)H20.5 

 CAD製図基準(案)、土木設計業務等の電子納品要領(案)他2件 の基準・要領が公開されたようです。

               ↓

       電子納品に関する要領・基準

 

 運用は平成21年1月から・・、となっています。

 

 私の仕事に直結するのは、CAD製図基準(案)なんで、”ちら見”しました。

 

 で、ちら見結果

 ○ レイヤーの命名規則

    □-□□□-□□□□-□・・・・・・□

    4階層目(赤の部分)を任意に作成できるようです。

    すみませんm(_ _)m 3階層目も新規作成できましたよネ(以前から・・)

    4階層目はユーザー定義領域として、半角英数大文字で、254以内となっているようです。

    ちなみにレイヤー全体の文字数は256以内です。

 

 ・・・・・解りやすいレイヤー名をつけれますよ  って事なんでしょうけど???

 

 ○平面、縦断、横断には、2階層目にSUV(改変しない測量成果)というものが追加されていました。

    グリッド、方位などを格納すれば良いのでしょうか?

 

  S-BGD-TXTが追加されていました。(遅すぎ!

 

 ○横断

   D-STR-STR3(用排水構造物)が D-STR-STRB と、平面と整合させてありました。

 

 ○全般

  新規  □-DOC :文章(説明、指示、参照事項)

 

 ちら見 での報告はこんなところでしょうか、まだ期間はありますので ゆっくりと勉強します。

 

 

参考サイトはこちらでございます。

   どぼんさん、大野さん、CALS斬りさん、CALSの達人さん

 

 

 

納品を終えて -徒然- 

この頃の電子納品(測量・設計)事情 - adeck近隣情報 -

 

年度末も何とか乗り切れたようで、一息ついています。

この年度末業務で元請け、知り合い等々の方々と納品物についての情報交換?(指示?)が、ちょくちょく行われました。

で、この頃の電子納品に対する取り組みを支離滅裂状態で並べてみました。

 

コンサル人

(1).CAD製図基準を”神のお告げ”のごとく100%守ろうとする人

(2).オブジェクトが必要レイヤに格納されている事が一番重要で、線色等は第2次的要因と考えている人

(3).チェッカーでのエラーさえなけりゃ後のライフサイクルなんざどうでもよい人

・・・1、の人々が増えてきたようです。

ただ、(1)と(3)は”エラーがでなけりゃいいじゃん精神”という意味合いでは似通っていると思います。

当然(1)の考えで正解なのですが、1現場1品生産の土木設計の場合、既存のレイヤだけではオブジェクトを分けれない場合が多々出てきます。

やはり、事前協議で必要となるであろうレイヤの追加は検討しておくべきでしょうね。

 

(3)の極端な例として、オブジェクトは全て”D-TTL”という納品物があったようです。

 超低価格で落札し、当然のごとく”手を抜けるところは全部抜く”方針です。

   ・・こうなってしまったら”技術者”ではないですね!!。

 

私は(2)の考え方です。 CAD製図基準は、あくまでも”標準”と考えるべきで、この基準だけで100%のことが出来るはずがなく、現場に即応した、且つ、次のサイクルでの使い勝手の良さを求めるのが公共資産としての役割だと考えています。

よって、使い勝手を考慮すると、最小限のレイヤに対応するオブジェクトを格納し、不足レイヤは命名規則により作成し補っていくのが良いと考えています。

現在のCAD製図基準で規定している線色は作業効率を落とすばかりであり、なんら恩恵を与えていないのが現状でしょう。

 

発注人

all (3)ですね。

        

                              にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

成果品はCADデータ って? 

 昨日 某市で打ち合せを行いました。

 初回打ち合せ なもんですから、内容は着手の日程、業務内容、数量、仕様書の疑問点の確認程度です。

 

 この業界でそこそこ長くやってる私なんですけど、特記事項で意味不明の箇所がありました。

 

Q1.平面測量

     数量内訳書  縮尺1:500  vs 特記仕様書  縮尺 1:250

     Q.現場の手間が全然ちがうんですけど、どうすればいいんですか?

     A.1:500の精度でやってもらって拡大してください。

 

まあ、予算も無いし、といって業者に泣いてもらうのも気の毒だし・・といったところの回答でしょうね。

実際、1:250の精度がないと詳細設計をやりにくい場所なんですから、1:500の拡大っていうのは意味の無い手法といえます。

結果的に良心のある業者は1:250の精度を意識して作業を行うことになるでしょう。

 

まったく余談ですが、北部の某バカ業者が 低落札(20%程度)をやってのけ、平面測量(1:500)をやらずに1:2500の地形図をデジタルトレースしたという事があったようです。

これは、納品時にはバレなかったようですが、後続業務(詳細設計)を受注した業者が 担当職員に報告し発覚しました。

完全なサギ行為だと思うのですが、その担当職員の上司は「安けりゃええやん」と言ってのけたそうです。

府の担当職員レベルでは 良心 というものがあるようですが、所長クラスが こんな発言をするようでは世の中おしまいです。

 

こんなバカ業者とバカ官僚のせいで京○府の建設業界は益々日陰の存在となってしまうのだと考えるとメッチャ憂鬱になります。

 

Q2.成果品

特記事項

    設計項目:道路詳細設計  

    成果品項目:CADデータ

CADデータ っていってもネー。 どんな形式でもええんかい?

 

ちなみに某市では、まだ電子納品は義務付けとはなっていません。

しかしながら、電子納品を行うことが常識となりつつある現状を考えると、もうちょっと真剣に取り組んだら?って思います。

 

 Q2 の回答はAutoCAD形式でした。

 某市としては、AutoCAD形式と記述したかったのでしょうが、そうすると”製品指定になる”と考え”CADデータ”としたのだと思います。

 

 っていうか、だから p21かsfcでいいじゃん。

  

    にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

施工業者に渡されている図面 

 今日、知り合いの施工業者のNさんから座標の算出を頼まれました。

 橋脚の工事で、支持杭と締切矢板の設置位置の座標がほしい との依頼です。

 

 図面を開くと”真っ白”。これでは何が構造物かわからん!と、レイヤーごとに”色分け”しました。

 色分けして解ったことは、このデータは”とりあえず、CAD製図基準に謳ってあるレイヤーに詰め込んだ”代物だということです。

 

 作業のやりにくい事 この上なし (怒!!

   ex.

    計画線が見にくいので地形を非表示した

        → 一部(ランダム的に)計画線も非表示になった。

    旗挙線を非表示にした

        → 中心線も非表示になった

               etc

 

 未だに こんな図面があるんだ (怒!!

 こんな図面を渡されたら施工業者って、「たまらんーーー 」でしょうネ。

      コンサルは何やっとんじゃい! (`□´) !

 

 ライフサイクルって死語?

 

 納品検査って何やってるんだろう?

       あっ 京○府か。

 

 CADチェックってザル?

 

 キタノミナトさんの 夜まで生討論会 に出てた 「取り合えず、チェックP通ればいい」っていうワード 生きてるんだナーと思いました。

 

○ 全てのコンサルがこんなデータ出してるとは思わないですが

  「予算付けてくれてないから”通りゃいいじゃん” 」

  「ライフサイクル?」

  「予算計上しないんだったら”発”がやるべきじゃん!(怒 」

   ってな 事でしょうか?

 

○前向きな”発”の職員も沢山いらっしゃるんでしょうが

    ・・・・・京○府には おらん とおもう。

             ↑      

   通りすがりの 某行政関係者 様 にお叱りを受けるかも。

 

  「解らんしー。CADチェッカー様がよけりゃいいのさ」

  「予算って(怒!。」

  「お前ら(業者)はCALSで楽になってるんやぞ!」

  「入札かて、ネットでできるやん!」

 

 等々 筋違いの お考えを持った方々も沢山いらっしゃる事でしょう。

 

 本来の目的を失い、労力ばかりが増えてるような馬鹿げたシステムなら止めれば?

 と、今日の図面を見て思いました。

            にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

 

Excelのシート間リンクを拒否られた? 

 先日 (発)に”エクセルのマクロを拒否られた”コンサルさんの愚痴を聞きましたが、今日は某コンサルの部長から、またまた変な事を聞かされました。

 電子納品の検査時のことらしいです。

 たいがいの業者は、数量計算書をエクセルで作っています。

 で、電子納品の場合”それ用に”ファイル名を変更してしまうので、ブック間のリンクを張っていた場合その時点でリンクは切れてしまいます。

 ですから、「ブック間のリンクは止めてくれ!」というのは理解(無理矢理)できるのですが、ブック内のシート間リンクまで否定されると、「何のための表計算ソフトなん????」状態でしょう。

 電子納品にまつわる異常事態をなんとかしないと、余計な作業ばかりが増えてしまい業務の本筋が不明確になってしまいそうです。

 このような 新?技術 を否定しまくる事が府内に広がっていったら業界自体の衰退となるんじゃないのかなあ。

 京○府をなんとかしてください! たのんまっせ! ○測協さん。

             にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

 

Excelのマクロがダメ? 

 電子納品において”エクセルのマクロ”を拒否られた らしいです。

 マクロ→ウイルスといった安直な考えなのかも知れません。

 ただ、電子納品はウイルスチェックが義務となっていますから、マクロを利用した”便利な”シートを拒否する必要はないと思います。

 

 まあ、「マクロをはずさないと受け入れはできないヨ  (ー_ー )ノ" 」

 なんて事をいわれると (受)としては仕方なく

 マクロで計算した「答」を「値の貼り付け」としたそうです。ヽ(ー_ー )ノ

          もったいない。

 

 なんのためのエクセルなん? 福田さんなんとかしてー。

 

 この発言は、またまた登場の 京○府の 一部の検査官からのようですが、京○府の検査官が全員 ○カ というわけではありませんので誤解のないようお願いします。

 

 

ちなみに、どんなマクロかといいますと、

エクセルの標準関数に付いてないのが不思議なくらいの

「数式の入ったセルを参照して答をだす」という便利なしろものです。

070925-05.jpg

 便利だと思いません?

 

 作者はkamegaiさんです。 いつもお世話になりありがとうございます。

 

 詳しくはこちら ↓           にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

 

単価契約業務と電子納品 

 電子納品、CAD製図基準もだんだんと浸透しているようです。

 しかしながら、京都だけかも知れませんが、ちょっとした?大きな疑問というか、変なことが日常化しているようです。

 国土交通省の場合、通常の設計業務の場合、電子納品は当たり前です。

 ただ「単価契約業務」となると、発注者側からは「どんなファイルでもええよ、デジタルなら」という指示がでていますし、業者側も100%「単契電子納品関係なし!」と思っているようです。

  当初設計データ(製図基準) → 単契による変更・修正データ(製図基準無視) →工事発注

     ・・・・単契で、完全に”ライフサイクル”が切れてしまったと思います。

 国土交通省はこの現実を どう考えているのでしょうか?

 

まんが CALS/EC電子入札・電子納品の落し穴
CALS EC研究会 内山 大助
経済調査会 (2005/10)
売り上げランキング: 268456

このようなファイルを貸与してもらってます。 

 ”単価契約”絡みです。

 製図基準が浸透してきたのでしょう、この頃の貸与図面は、結構”最初から使える”ものが多くなってきたと感じています。

 

 ただ、”単契”となると酷い物です。まあ昔の図面は我慢してレイヤ修正をおこなっていますが、先日戴いた図面は

     ↓ こんな感じで約120のレイヤがありました。

070804-01.jpg

 

 おそらく”DM”からコンバートされたものだと思います。属性が各々レイヤーに割り振られたのだと思います。

 

 DMは非常に便利なものです。GIS・3Dの設計等そのデータの有効性は限りないものが有るでしょう(・・使えたら)。

 

 今回は只単にDMを2DのCADデータにしただけのもので、これで「3Dやれ」っていうことではありません。

 現在作業を行っている図面に合成し、設計作業を行うというものです。

 

 とにかくレイヤーの修正が「たまりまセブン」で、CAD製図基準だのDMだの・・元締めは「国○省」・・ですから、「もちょっと考えてよ! この手間を!」

 です。



建設CALS/ECに向けた電子国土の動向を探る―CAD/CG/GIS/GPSの統合
古田 均 三上 市蔵 広兼 道幸 田中 成典 碓井 照子
山海堂 (2001/05)
売り上げランキング: 435493

 

恐ろしい図面じゃー2 

 先日「恐ろしい図面じゃー」で紹介させて戴きました、1レイヤー&1色=ALLオブジェクトの平面図。

 測点間隔を計ってみますと、10cm~50cm程度ずれていました。それも”比例的”ではなく各測点間毎にランダムにずれています

 今後の使用形態(見るだけetc)によっては、このままでも良いのですが、この平面図をベースとして「部分的に測量した平面データ」とか「竣工済み部分の出来形データ」なりを合成しさらに、計画の修正を行っていく。さらには、工事完了後の完成図面を造って行かなくてはならない場合、”エエカゲンなベース図面”ではライフサイクルの最後まで苦労が絶えないでしょう。

 

 この平面図のルーツは、第2原図もしくは青焼図をスキャンしベクター化したものだと思われます。

 当然、第2原図もしくは青焼図の時点で図面は「延びている」訳ですしそれをスキャンしているのですから当然ここでも「延び」が生じます。

 「延び」の修正方法は色々と有る訳で、完全にひずみを除去することは難しい事でしょうが「補正」をするべきです。

 

 当然ここで「経費」のはなしが持ち上がり「受・発」間で協議がおこなわれ、(発)「金がないからそのままでエエよ(・・工事の頃にはオレいてないし・・)」  (受)「・・・(やりたいけど・・金無しじゃ・・)わかりました・」ってな感じでしょうか?

 「予算が無い」と宣言されると「受」はどうしようも無くなります。

 どうか「発」さん、目先にとらわれず将来を見越した考えを持ってください。

 

 と言うことで、仕方なく補正をすることにしました。(事業の後半になるほど「ツケ」が大きくなるようです)

 只、完全に歪みを取ることは出来ないと思います。

 

Lc.カテゴリー
検索(サイト内)
独り言
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

kiri

Author:kiri
京都府在住♂
このサイトはリンクフリーです

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
合わせて読みたい

あわせて読みたい



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。