Adec'K

Advanced Design Center "K" 土木設計(道路・河川)、公共測量全般

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

CAD講座38-3・・・ルックアップ 

3.製品高を参照(ルックアップ)してのストレッチ

070212-20.jpg

    詳細は  ↓

スポンサーサイト
[ 2007/02/12 21:32 ] CAD CAD講座の記録 | TB(0) | CM(0)

CAD講座38-2・・・ストレッチ 

2.ストレッチ

070212-10.jpg

  詳細は  ↓

[ 2007/02/12 20:56 ] CAD CAD講座の記録 | TB(0) | CM(0)

CAD講座38-ダイナミックブロック-反転 

38回目

約一ヶ月半ぶりの講座となりました。

いつもならば「復習」をするところですが、今日は”私が”この前ちょっとだけ覚えた「ダイナミックブロック」の作成を行いました。

自由勾配側溝をブロック化します。

目標

 1.ブロックの反転

 2.高さのストレッチ

 3.製品高を参照してのストレッチ

   ・・・・・「ダイナミックブロックへの挑戦1」 と同じです。(ネタ不足?!)

1.と3は比較的”取っつきやすい”です。

 

1.反転 

070212-00.jpg

   詳細は  ↓

 

 

[ 2007/02/12 20:48 ] CAD CAD講座の記録 | TB(0) | CM(0)

CAD講座37-UCSをハッチングに利用 

37回目

前回の続きで”災害の設計”をやっていただきました。(今日で完成)

図面の点検
 図面が完成しましたら”点検”を行います。
 ペーパーに打ち出して”点検”するのがベストです。

 しかし”ペーパーレス”を考慮しまして、取り敢えず”画面”で点検します。
 当然最終的には”紙面”での点検になりますが、”不良箇所”が多いと、修正後、さらに”打ち出しての点検”が必要となり”紙”を使うことになりますので、時間の許す限り”画面”での点検を行った方が良いと思います。

 点検
   1.フィルター、クイック選択でレイヤーの確認。
   2.寸法のずれ、不足等の確認。
   3.画面を、拡大縮小し違和感??が、ないか確認(私だけ かも?)

   画面が見づらくなりますので、作業層(補助線等のレイヤー)を非表示にしておくのが良いでしょう。

では、来春お会い致しましょう。

 

今日の便利テクニック
  UCS+ハッチング   ↓

 

[ 2006/12/26 19:48 ] CAD CAD講座の記録 | TB(0) | CM(0)

CAD講座36-縦横;異縮尺 

36回目

先週の続きで”災害の設計”をやっていただきました。

今日のポイントは、「縦横の異縮尺」です。

ex. 縦断面図(V=1:100,H=1:250)に描かれた計画オブジェクト(護岸)を利用して、1:100の展開図を作成。

手順

    縦断面図に描かれた「護岸」を”基点コピー”
    ”ブロックとして貼り付け”
    ”オブジェクトプロパティー管理”→”ジオメトリ”→”尺度X”を2.5

 

[ 2006/12/09 21:32 ] CAD CAD講座の記録 | TB(0) | CM(0)

CAD講座35-復習 

35回目
前回から約一ヶ月あいてしましましたので”復習”をすることにしました。

 苦手項目は、

尺度・・特に1ファイルの中での異縮尺。
勾配の概念・・○○%、1:○○
・・・・・・・でしょう。

 強化項目は、

計画線を描くときの基準位置の設定
描画効率を高めるための意識
描画構造物の理解

で、課題として”災害の設計”をやってもらうことにしました。
     理由は以下のとおりです

災害の設計図面の特徴
  図面1枚の中に異縮尺図面が混在する。
     平面図、横断面図・・ときには構造図をも”1図面”に描画。

 構造物の使い回しが多く発生する。
     横断面図のブロック積→標準断面図へ流用
     縦断面図の護岸計画→展開図
     横断面図のブロック積→基礎工等の詳細図

それと、描画テクニックも、”復習”して戴きました。
   寸法スタイル、UCS、コピー時のクイック選択等々。

[ 2006/12/02 21:25 ] CAD CAD講座の記録 | TB(0) | CM(0)

CAD講座34-選択- 

 34回目
 今日は”パソコンらしい”機能について勉強してもらいました。

数多くのオブジェクトから「特定の条件」に合ったオブジェクトを「選択」するには。

1.検索、置換(文字列のみ)
2.クイック選択
3.オブジェクト選択フィルタ

の3種類が有ります。

1.は文字列の置換に威力を発揮します。
2.3.はともに「フィルター」機能です。
   2.は「オブジェクトプロパティー管理」のウインドウに有ります。
   3.にはアイコンが有りません。コマンドラインに「filter」もしくは「fi」と入力。
 アイコンが有る分2.が使いやすいでしょう。
 しかしながら、3.は「論理式」も使えますし、「条件の保存」も出来ます。

それぞれ使い慣れていただいて「TPO」に合わせて使って戴くのが良いでしょう

        本文に関連無しのオマケ
     ”居座り続けるヤツ”
061104-9.JPG

[ 2006/11/04 17:22 ] CAD CAD講座の記録 | TB(0) | CM(0)

CAD講座33-手抜き講座・・復習? 

33回目

 今日は、マシントラブル(「今日こそお別れか?」)のおかげで「手抜き」の講座になってしまいました。

     ・・・完全に責任逃れ・・・・

 内容は、「CAD講座31」のおさらいです。

 ・・この記事も「マジ!手抜き」です・・・ m(_ _)m ・・・

 

[ 2006/10/28 17:36 ] CAD CAD講座の記録 | TB(0) | CM(0)

CAD講座32-コピーとUCS 

 32回目
 体育祭等行事が多々ありまして、今日は久しぶりの講座です。
 
 部品の「コピー+回転」を「起点コピー」「UCS」を使ってやってみます。
 これは、傾きの違う部分へのコピー方法としてはかなり有効だと思います。(「貼り付け」の「S」オプションで尺度変更もできます)
[ 2006/10/07 16:53 ] CAD CAD講座の記録 | TB(0) | CM(0)

CAD講座31-ブロック+メジャー 

31回目
 基本的に「外部参照」のおさらい をする予定でしたが、「おさらい」と言うほどのことも無いので、CAD講座30-外部参照3deckに出てくる「区画線工 平面図」を「お題」として、「外側線,センターライン他」を描いて貰うことにしました。
 ex.
 「センターライン」の描画
  センターライン(幅15cm長さ5m)を5m間隔で配置します。
 
 「作成」→「点」→「メジャー」を使用します。
[ 2006/09/09 18:22 ] CAD CAD講座の記録 | TB(0) | CM(0)

CAD講座30-外部参照4 

 絶対パスと相対パス
 何気なくアタッチすると「絶対パス」となっている場合があります。
 絶対パスと相対パスを知らずにアタッチして「絶対パス」となっている場合があります(非常に多い)。
 私的な考え方ですが、私は「絶対パス」のメリットが理解できないので「相対パス」にしています。
 且つ、本体ファイルと参照ファイルは"同じ"フォルダに格納しています。
 
 参考までに。
 絶対パスと相対パス の違いをうまく説明してらっしゃるサイトがあります。
          ↓ 
   「ふるかわっちの便利なAutoCAD手帳」さんの部屋です。
[ 2006/08/31 21:06 ] CAD CAD講座の記録 | TB(0) | CM(0)

CAD講座30-外部参照3 

 今日は事例です。
 計画平面図 ↓
060829-1.jpg

 これを、「区画線工平面図」にアタッチして不要レイヤー(D-STR-HTXT,D-DCR-HCH1,D-WORK等々をフリーズし、区画線等主たるオブジェクトを書き加えました。↓
060829-2.jpg

 書き加えるオブジェクトのレイヤーは、アタッチファイルのバインドを考慮しD-STR等「元図面」で使っているレイヤー名と異なる名称をつけておいて、バインド後整理するのが良いと思います。
[ 2006/08/29 22:17 ] CAD CAD講座の記録 | TB(1) | CM(0)
Lc.カテゴリー
検索(サイト内)
独り言
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

kiri

Author:kiri
京都府在住♂
このサイトはリンクフリーです

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
合わせて読みたい

あわせて読みたい



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。