Adec'K

Advanced Design Center "K" 土木設計(道路・河川)、公共測量全般

e-トランスミット 

AutoCADの覚え書きです。

 1)出力時の色設定等を任意の型式で行いたい場合、任意の「印刷スタイル」を作成します。

  ただし、引き渡し先に この「印刷スタイル」のファイルも含めて渡してあげないと、先方での出力が思ったようにはできません。

 

 2)ベース図面に対して諸々の計画図を作成したいって場合、「外部参照」を使う事があります。

  これも、引き渡し先に参照図面を忘れないように渡さなければなりません。

  うっかり「絶対参照」なんかにしていると先方で「参照図面」が再現できない場合があります。

 

 1),2)共に引き渡し時には面倒なものですし、2)の場合部分のPCのフォルダ構成と先方の構成が異なっている場合も考えられますから(フォルダ整理のこだわり・・・etc)、引き渡し後のフォローが必要となってきます。

 

 そこで、「e-トランスミッション」を使用してみてはどうでしょうか?

  上記1),2)を自動で格納し、圧縮ファイルを作成してくれます。

 

「ファイル」→「e-トランスミット」

 100511-01.jpg

 

 「印刷スタイル」「外部参照」が格納されました。

 *クリックで拡大 ↓

 100511-02.jpg

*クリックで拡大 ↓

 100511-03.jpg

 

で、出来上がりです。

*クリックで拡大 ↓

 100511-04.jpg

*クリックで拡大 ↓

 100511-05.jpg

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 福知山情報へ

[ 2010/05/11 16:46 ] CAD AutoCADメモ | TB(0) | CM(0)

CAD講座30-外部参照4 

 絶対パスと相対パス
 何気なくアタッチすると「絶対パス」となっている場合があります。
 絶対パスと相対パスを知らずにアタッチして「絶対パス」となっている場合があります(非常に多い)。
 私的な考え方ですが、私は「絶対パス」のメリットが理解できないので「相対パス」にしています。
 且つ、本体ファイルと参照ファイルは"同じ"フォルダに格納しています。
 
 参考までに。
 絶対パスと相対パス の違いをうまく説明してらっしゃるサイトがあります。
          ↓ 
   「ふるかわっちの便利なAutoCAD手帳」さんの部屋です。
[ 2006/08/31 21:06 ] CAD CAD講座の記録 | TB(0) | CM(0)

CAD講座30-外部参照3 

 今日は事例です。
 計画平面図 ↓
060829-1.jpg

 これを、「区画線工平面図」にアタッチして不要レイヤー(D-STR-HTXT,D-DCR-HCH1,D-WORK等々をフリーズし、区画線等主たるオブジェクトを書き加えました。↓
060829-2.jpg

 書き加えるオブジェクトのレイヤーは、アタッチファイルのバインドを考慮しD-STR等「元図面」で使っているレイヤー名と異なる名称をつけておいて、バインド後整理するのが良いと思います。
[ 2006/08/29 22:17 ] CAD CAD講座の記録 | TB(1) | CM(0)

CAD講座30-外部参照2 

 「CAD講座30-外部参照」で、「外部参照は便利だ・・」なんて書いてますが「何が」便利なのか解りにくいので補足します。
 ex.私は、「区画線工平面図」「取壊し工平面図」「土工数量根拠図-横断面図」で外部参照をよく使います。
 上記図面は「元になる計画図」を外部参照図面としています。
 設計において「変更、修正」はよくある話でしょう。(限度はあります!!!!!!が)
 「外部参照を使わない」としたら、「元になる計画図」を別名保存して、目的の計画(区画線等)を描画していきます。
 当然、主体となるオブジェクトは、この場合「区画線」ですから、他の(水路、擁壁、法面等々)オブジェクトは「線幅を細くする、色を変える等」のアレンジして、主体となるオブジェクトを鮮明に表現していきます。
 ・・・で、計画が変更になった場合「元になる計画図」を修正し、さらに別名保存した「区画線工平面図」に変更部分をコピペしなければなりません。
 ・・この「コピペ」が非常にメンドクサイ!モレがある。
 何回となく「変更」があると・・・ヒューマン的に・・図面がズサンになってきます。
 外部参照の場合ですと、上記の不具合は解消出来ます。
 次に「土工数量根拠図-横断面図」です。
 近畿地方整備局(福知山)では、横断面図に「土工表」を描画せずに、別図(数量参考図)として作成します。
 計画変更時のメリットは云うまでも有りませんが、この図面は「製図基準」に対応する必要性が無いので(PDF-A3出力でOK)土工線、着色レイヤーの名称を自由に付けれます。
 製図基準の精神を冒涜するつもりは無いのですけれど、「着色レイヤー」は沢山のレイヤーを必要としますので、「数量算出要領」にある名称をレイヤー名称として付けておく方が作業効率が上がります。
 例)掘削オープン土砂、掘削片切土砂
   掘削オープン岩、掘削片切岩
   盛土1m、盛土1-25、盛土25-4、盛土4以上
   床掘り、埋戻し
   法面整形C,法面整形B
   表土はぎC、表土はぎB


 取り敢えず今日はこの辺で・・・

 
[ 2006/08/28 21:41 ] CAD CAD講座の記録 | TB(0) | CM(0)

CAD講座30-外部参照 

30回目
 外部参照。
 とっても便利な機能です。(使いすぎると返って煩雑な図面になります)
 残念ながら、電子納品では使えませんので納品前にバインドする必要があります。(本当に残念です)

 「挿入」→「外部参照管理」→「アタッチ」
 パスの種類は、「相対パス」がベターでしょう。
 外部参照部分の変更(色、線幅、線種)を保持したい場合は、「ツール」→「オプション」→「開く/保存」→「外部参照-外部参照画層の保持」をON。
[ 2006/08/26 17:50 ] CAD CAD講座の記録 | TB(0) | CM(0)
Lc.カテゴリー
検索(サイト内)
独り言
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

kiri

Author:kiri
京都府在住♂
このサイトはリンクフリーです

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
合わせて読みたい

あわせて読みたい